収益物件の価値があるかどうか判断することは大切なことです

安心できる契約

積み木とそろばん

自分でアパートなどの賃貸物件を運営してみたい人や実際に運営している人の中には、賃貸人が家賃をしっかりと払ってくれるのか不安で、保証人が居ない人とは契約をしないと考えている方も少なくありません。そのため、家を借りたくても借りれない人も増えますし、なかなか空き部屋を埋めることもできないという悪循環が続いてしまうケースもあるのです。そういったケースを減らすためにも家賃債務保証契約を利用して、大家さんも賃貸人も安心して部屋を借りれるようにしましょう。家賃債務保証とは、入居を希望している人が連帯保証人を見つけることができない場合、この契約をしている賃貸物件なら連帯保証人が居なくても家を借りることができるのです。この契約は、大家さんにとってもメリットは多くまず、家賃の滞納を防ぐことができ滞納が続いた場合は大家さんの代わりに催促をし徴収してもらえます。家賃滞納の徴収は簡単なものではありませんし、気力を使うためこういった手間を省くことができるだけでも運営の際にかかるストレスを軽減することができます。また、最近の家賃債務保証契約では暴力団排除のモデル条項などを利用して、利用する人や運営する人を守るための取り組みを行なっている場所も増えています。こういった条項があれば、気づかないうつに暴力団関係の会社と家賃債務保証契約をしてしまったというケースを未然に防ぐことができるでしょう。